子育てしながらでも、成長を実感できる場所

Shoji Kamada

システム開発課 UXデザイナー鎌田正治

私の経歴

2000年 あいうえお会社入社
2010年 かきくけこ会社入社
2020年 鎌田正治株式会社に入社。システム開発課配属

転職理由について教えてください

前職はクライアント先に常駐するプログラマーとして、Web系業務、アプリ系など幅広いシステム開発に携わっていました。
転職となったのは自社によるシステム開発案件を担当したときのこと。それまでクライアント先でひとり作業していたときと違い、同じ会社の社員と仲間意識を持って業務を遂行することに大きなやりがいを感じました。
担当プロジェクトに区切りがつき、そこに物足りなさを感じた私は、長期的なサービスでひとつのものを突き詰めていく仕事がしたいことに気付き、転職を決心しました。

ワーキングマザー率が高い職場で生まれた心の余裕

鎌田グループの魅力

事業会社に転職したいと考えたもうひとつの理由は、子どもが小学校になる前に、育児と仕事の基盤をしっかり整えたいというものです。転職当時、4歳の小さな子どもを抱えていた私にとって、子育てと仕事の両立に理解がある鎌田商事はとても魅力的でした。

採用面接では、仕事と子育ての両立が難しかった全色の状況を率直に話しました。また、鎌田商事の社内環境や制度について色々と質問しました。面接官は私に小さい子どもがいるということは気にしている様子もなく、私が鎌田商事にどう貢献できるのか、何をやりたいのかということを中心に質問されました。

現在はフルタイム勤務で終業時間は17時30分です。私の所属部署には、子どもを持つ社員が非常に多くいます。産休・育休中の社員も多いし、社内には託児所もあるので、産休・育休から早期復職できる同僚も多いです。子育て中のお父さん社員も多くいます。そのため、子どもの急な発熱や風邪で会社を休まなければならない時でも周りが協力してくれます。理解ある仲間や環境に感謝です。

現在の仕事の内容とやりがいを教えてください

特に中途入社に当てはまると思いますが、自分の持つスキルが担当業務で発揮できずに悩んでいる人はどこの会社にもいますよね。でも、鎌田商事では、今もっているスキルを存分に発揮できるだけでなく、自分の担当業務以外にも挑戦できる機会が多くあります。

また、先ほども言いましたが、子育てに理解ある社員が多いので、私のように小さい子どもを持つお母さんでもスキルを向上できる環境です。ですから、安心して鎌田商事へ来てください、と声を大にして言いたいですね。

専門外の周辺領域にも挑戦できる環境

真っすぐな社風の中で、のびのびと仕事に打ち込んでいます

AIを使った自動化を進めれば、人手不足に悩まされない製造体制を作れるはず。

やりがいのある仕事と恵まれた環境を手に入れて、地元に帰ってきて本当に良かったと思います。

鎌田グループへのエントリーはこちら

ENTRY